インフルエンザワクチンの副作用は?発熱もありえる?

インフルエンザのワクチンにも副作用があります。

知らない方も多いですが、ワクチンというのは副作用、副反応があるものがほとんどです。

ワクチン接種後に発熱が出た場合なども、副作用によるものかどうか判断する必要があります。

そこで今回は、インフルエンザワクチンの副作用について詳しく解説していきたいと思います。

 

インフルエンザワクチンの副作用は?

インフルエンザワクチンがもたらす副作用はいくつかあります。

注射した場所が腫れる、痛み、発熱、発疹、頭痛などです。

 

副作用は10人に1,2人の確率で起こると言われています。

インフルエンザワクチンは体をインフルエンザに慣らしておくために、インフルエンザの弱い菌を体の中に入れるというものです。

そして、体の中で弱いインフル菌を倒すために抗体というものが作られ、インフルエンザにかからないようにしておくというものです。

そのため、ワクチンを接種した時に副反応が出てしまうという事なのです。

 

1度目のワクチンで抗体が出来ているから、2度目からは副作用は出ないのでは?と思われる方もおられますが、毎年ワクチンは変わっているので、少しの副作用が出てしまう事もあります。

 

ワクチンによる症状は大体2~3日で収まると言われています。

ですが、副作用と思っていても実はワクチンの副作用によるものではない場合もあり、普通の風邪にかかっていたなんて事もあります。

症状が3日以上続いている場合は、副作用ではなく何らかの病気にかかっている事を疑った方が良いでしょう。

 

インフルエンザワクチンの副作用で発熱が出た場合は要注意?

インフルエンザワクチンを打ったことで熱が出てしまった場合は、ワクチンによってインフルエンザにかかったのでは?と思う方もおられますが、それはありえません。

弱いインフル菌を体に入れているため、軽いインフルエンザ状態になってしまう方はおられますが、それはインフルエンザにかかっているのではありません。

ですので安心してくださいね。

 

ですが、副作用として発熱がひどいという方もおられます。

ただの風邪だっという場合がほとんどのようですが、まれにワクチンの副作用によって38℃以上の高熱が出てしまう場合もあります。

その場合は、迷わず病院へ行くことをお勧めします。

 

仮に風邪だったとしても病院へ行って診察してもらった方が良いでしょう。

非常にまれなのですが、重度のアレルギー反応を起こす方もいます。

ワクチンの成分の中にアレルギーがある場合は気を付けましょう。

怖いことを言うようですが、インフルのワクチンやその他のワクチンなどには、命を落とすようなアレルギー反応が起こってしまうこともありえます。

ですので、ワクチンを打つ前にきちんとアレルギーに関して医師に言っておく事、もしも発熱が長引いて症状も悪化している時は病院へ行くようにしましょう。

 

まとめ

インフルエンザの副反応は20%ほどの確率で起こるので、珍しいことではなく知っておけば良い程度のものですが、まれに重症化する事があります。

特に高熱が出てしまった時は要注意です!

単なる風邪の場合もありますが、念のため病院へ行くようにしてください。

mamejoho

Copyright© mamejoho , 2018 All Rights Reserved.