インフルエンザ予防接種時のお酒は副作用が?前日もダメ?

インフルエンザ予防接種前後の飲酒に関しては気になる点がいくつもあります。

副作用はあるのか?前日も飲んではいけないのか?

今回は、そんな気になる点について詳しく解説していきます。

 

インフルエンザ予防接種時のお酒は副作用が出る?

まず最初に言っておきますが、予防接種をした日にお酒を飲むのはやめましょう。

予防接種の注意書きにもありますが、接種から24時間以内は大量の飲酒は控えるように書かれています。

ここで注意してほしいのは「大量の飲酒は控えた方が良い」という事です。

お酒をたくさん飲んでしまうと、それ自体で体調がかなり変わってしまいます。

そうすると、予防接種の副作用が出てしまった場合などもお酒の影響なのか予防接種の影響なのか判断しずらくなってしまいます。

飲みすぎは絶対にやめるようにしてください。

仮に飲んだとしてもほろ酔い程度で抑えるようにしましょう。

本来は飲まない方が良いのですが。。。

 

また、予防接種後の飲酒によって効果がなくなるのでは?という心配をされる方もおられますがさほど影響はないので大丈夫です。

ですが、予防接種後にお酒を飲むと、まず肝臓の機能が低下していまうので免疫力が下がってしまいます。

インフルエンザの予防接種は体の中にウイルスをほんの少し入れる事によって体内に抗体を作っておくというものなのですが、免疫力が下がっている状態だと抗体がきちんと作られません。

ですので、飲酒によって予防接種の効果が正常に得られない可能性もあります。

ですが、これについては医学的になんの根拠もなく、あくまでも1説として言っておられる方がいるだけなので気にしなくても良いレベルでしょう。

 

他にもデメリットとしては、お酒を飲むと血液の循環が良くなってしまうので、接種した部位が赤く腫れるという症状が出ている方もいるようです。

接種した部位の腫れは予防接種の副作用としても知られていますが、この場合は飲酒によって起こったのか正常な副作用として起こったのか判断しづらくなってしまうという欠点があります。

 

インフルエンザ予防接種時のお酒は前日もダメ?

予防接種後の飲酒は控えた方が良いと先ほどは書きましたが、前日の飲酒もダメなのでしょうか?

インフルエンザの予防接種の注意書きには接種後24時間の飲酒を控えるようにとしか書かれていません。

では前日はどうなのでしょう?

 

あくまでも推察レベルですが、前日も控えた方が良いと思われます。

インフルの予防接種は体内に早めに少しのインフル菌を入れておき、体内に抗体を作っておくというものです。

この抗体を作る作業は、体調が良く健康的な状態の方がより上手く出来上がる可能性が上がります。

ですので、前日に飲酒をして予防接種当日の体調が少しでも悪くなってしまう可能性があるのなら飲酒は控えた方が良いでしょう。

 

ですが、前日に飲んでも予防接種当日の体調に何ら影響はないと言う方は翌日に影響が出ない程度にお酒を飲んでも良いでしょう。

 

まとめ

予防接種の前後の飲酒について書きましたがいかがだったでしょうか?

結論から言うと、念のためを考えて前日・当日・翌日は飲酒を控えた方が良いでしょう。

ですが、毎日飲むのが習慣になっている方も入れば、飲み会などと日程が重なっているという方もおられますよね。

その場合は、飲んでも良いのですが、量を控えるようにしましょう。

体調があまり変化しない程度(ほろ酔い程度)に飲むようにしてくださいね。

また、どうしても気になってしまうという方は医師にお酒を飲んでも良いかどうか聞いてみるのも良いでしょう。

mamejoho

Copyright© mamejoho , 2018 All Rights Reserved.