インフルエンザの自然治癒の期間は何日くらいなの?

インフルエンザを自然治癒させるために必要な期間は何日くらいなのでしょうか?

病院へ行けなかったり、行きたくなかったりなど様々な事情で自然に治したいという方も多いのではないでしょうか?

疑問に思うのは自然に治せるのか?やはり病院へ行った方が良いのか?という事です。

そこで今回はインフルエンザを自力で治す事について詳しく解説していきます。

 

インフルエンザの自然治癒について

いきなりですが、インフルエンザは自然治癒でも治せます。

 

皆さんは「抗インフルエンザ薬」というのをご存知でしょうか?

インフルエンザにかかった時に病院で処方されますよね。

これは治す薬ではなく重症化しないために投与する薬です。

大半の方がインフルエンザを治す薬だと思っておられたのではないでしょうか?

この薬はウイルスの増殖を抑えてくれる効果があり、ウイルスを倒してはくれません。

ですので、インフルエンザを発症してからできるだけ早くお薬を飲んで、症状がそれ以上に進行するのを食い止めるために使用します。

特に年配の方や幼児などは体力が少ない事もあり、重症化した場合は死に至ってしまう可能性が大いにあるので使用した方が良いでしょう。

発症してから2日(48時間)の間に効果が得られるとされているので、ウイルスが増殖しきった後に薬を使っても効果は期待できません。

発症から2日が経てば抗インフルエンザ薬は効力を持ちません。

 

この事からも分かる通り、インフルエンザにかかった人達の中には自然治癒で治している方がたくさんいます。

抗インフルエンザ薬が効かないからと言って、治らないわけではありません。

 

ですが、抗インフルエンザ薬を接種することによって、ウイルスの増殖を抑えられるので、タイミングが良ければ治りも早くなりますし、周りの人に感染させる恐れもかなり減ります。

自然治癒でも治るからと言って、何も対策を講じないのはオススメできません。

抗インフルエンザ薬や解熱剤などの副作用が気になるという方は自然治癒の方法をオススメしますが、比較的な楽に早く治す方法はお薬を使って治療する方法ですので、自分の予定や体調などで決めるのが良いでしょう。

 

また、お薬の副作用を気にしている方へ向けてアドバイスですが、インフルエンザによって40℃近くの高熱になってしまった場合は肺炎や脳症を引き起こす恐れがあります。

薬の副作用が気になるのは仕方のない事ですが、インフルエンザがもたらす後遺症なども注意しなくてはいけません。

38℃台の熱ならば、ご自身で少し様子を見ても良いですが、39~40℃台の熱にまでなってしまった場合は、一度病院へ行くことをオススメします。

その時に医師に薬の副作用が気になる、自然治癒で治したい事を伝えてどうするか決めるようにしましょう。

インフルエンザは軽く見られる事が多いですが、素人が自分で判断して良い病気ではありません。

重症化してしまった場合は特にです。

ですので、薬を使いたくない場合もきちんと医師の診断を受けるようにしましょう。

 

インフルエンザ自然治癒の期間は何日くらい?

自然に治した場合にかかる期間についてです。

自然治癒で治す場合の期間は何日くらいになるのかが気になるところです。

インフルエンザにかかった場合、発熱から3日ほどで熱が下がります。

そしてそこからさらに2~4日ほど経てば体内の菌が減っていき、ほとんどなくなります。

ですので、合計5~7日ほどで治ると言っていいでしょう。

ですが、体力のない人や免疫力が低い人だとこれよりも期間がさらに伸びる可能性もあります。

 

また、症状が数日で自然治癒できたとしても、体内にウイルスは残っている可能性があるため他の人に感染させてしまう恐れもあります。

感染させてしまう恐れがあるのは症状が出てから1週間程度なので、その間は治ったと思っても外出を控えるか、マスクをつけるなどして対策をしておきましょう。

 

ちなみに、先ほどの解説で登場した「抗インフルエンザ薬」ですが、自然治癒と比べて1日ほど期間を短くする程度のものと考えてもらって良いでしょう。

 

まとめ

インフルエンザの薬がなかったころは、元々自然治癒で治していたので薬は必要ないと言えるかもしれません。

ですが、インフルエンザも重篤化した場合は後遺症などもあり、非常に怖い病気です。

なので、安易に自分で治す!とは言わずに一度医師の診断を受けることをオススメします。

mamejoho

Copyright© mamejoho , 2018 All Rights Reserved.